水の都の流れ星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アートビエンナーレ速報

CIMG2863.jpg


ビエンナーレはタダチケットが手に入らないと見に行きません。
「わけわからん」のが多すぎて、
なのに動いているお金の額がめちゃくちゃに多いことだけがわかって、
行く度になにか馬鹿にされてるように感じてしまうから。
住んでいる場所は、第二会場の「裏」、メイン会場にも歩いて5分、
両会場移動の通路になっている場所なのに、です。

今年はおっとっとが、アフリカ館のビデオインスタレーションを手伝ったので、
久しぶりにオープニングパーティにまぎれこむことができました。
なので本日は軽くご報告。

会期は10日からで、今はまだ報道関係者対象のプレスオープニング、
および内輪のオープニングパーティの時期です。

会場の広さを圧倒できている作品はかなり少なくて、
ひとりひとりは国の代表として一世一代がんばってるんだ、と、
作者の皆さんにお祝いを申し上げたい気持ちはあるのですが、
そしてこのお祭りに参加するには、各種戦い(謎)を勝ち抜かなくてはでしょうから、
そういう生命力に尊敬のようなものは感じるのですが、
やっぱりタダで見るのがいいよね、と失礼ながら思ってしまうのです。

昔ガレー船などを作っていた造船所だった会場をアフリカ館から歩いていくと、
南米の人たちなどの作品も見ることができました。
個人的には、コロンビアのアーティストのビデオインスタレーションで、
コンクリートの上に水でささっと肖像画を描き、それが乾いて消えて行くのを
延々と4画面で流し続けるのがポエティックで好きでした。
写真で参加の数は、思ったより多かったです。

11月までの全会期のなかで、このプレスオープニングに参加できなければ、
ビエンナーレの華やかさを味わうのは不可能だと思います。
もちろん作品を見るのが目的なのですから、
華やかさどうこうというのは別にどうでもいいと言えばそうですけど。

この時期になると、世界各国から奇抜ファッションの関係者さんたちや、
パトロン大金持ち、そのお連れさんの美男美女が、
ベネチアの中でも一番庶民的と言われるこのあたりを練り歩きます。
これってベネチアの風物詩と言えるのではと思っていたら、
やはり地元出身のピットゥーラフレスカというグループの歌に、
「ビエンナーレに来た女の子たちたら最高さー」みたいな歌詞があるそうです。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/08(金) 17:03:22|
  2. その他の展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<好ききらい | ホーム | カタカナで行こう!>>

コメント

わりと評判悪いですよね、毎回。

丹波さん、ジージョさん

今やホントにたくさんのアーティストが参加してるわけで、
ひとくくりにはできませんが。

でも映画とかがつまらない時「金返せ!」と言っちゃう派としては、
ビエンナーレにお金払って入るとがっかりします。
美術展示ができそうなスペースはすべてビエンナーレになっちゃうので、丹波さんのような方にもお気の毒。

地域振興とか、いい作品もあるとか、いい面ももちろんあります。
久しぶりに入った今回、由緒ある造船所がとてもきれいに整備されていて、これもいいことです。

例えば、ここでわたしはいいと思っている誰かが選ばれても、
おめでとうを言うのはごく内輪だけで、きっと好みが違う方々には「えーなんであいつが」って言われるってこともわかってます。

でも入る度もやっとしますね。なんでしょね、これ。
本日前夜祭、明日公式オープンです。
  1. 2007/06/09(土) 09:38:04 |
  2. URL |
  3. 管理人きら #-
  4. [ 編集]

そう言えば、横浜トリエンナーレも…

はい、私も只券組です。ビエンナーレとかトリエンナーレって、本来はどんなんだっけ?って思うことがよくありますね。
この前の横浜トリエンナーレも奈良美智が混んでたくらいで結構寂しかったし…。面白い作品も有るにはあったけど、その前の時のが良かったですね。
全然話は違うけど、某有名アメリカ財団の招待作家に知り合いがなった時、なんでこいつが?って思いましたっけ。
 
  1. 2007/06/09(土) 04:20:33 |
  2. URL |
  3. ジージョ #-
  4. [ 編集]

私もかつてベネチアに行ったとき、
ちょうどビエンナーレで
見たかった博物館はその展示に使われていてお目当てのものは見られないわ、
替わりに展示してあったものは訳分らないわ
で、泣きました。
  1. 2007/06/08(金) 23:58:54 |
  2. URL |
  3. 丹波りん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxkiraxxphoto.blog57.fc2.com/tb.php/32-b6352fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。