水の都の流れ星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年も

なにやら年々ナマケモノ度が増している今日この頃。
よくない傾向とは知りつつ、経験にもとづく予断と偏見にとらわれ、
「どうせ○○だからさー」と勝手に決め付けて何も行動を起こさない。
いやーそれじゃだめだよねー、とは思いつつも、
実際に自分の予断を超えてはっとする出来事も最近少なくて。

毎年恒例、7月第三土曜日の、レデントーレ教会の花火大会も、
今年こそもう引退で、家の近所でのんびりすごしてやる、
だってどーせまたあんな感じの花火で、こんな雰囲気で、もういいよ、とか思ってました。
同じように考え、暑いし観光客で溢れかえる街が嫌で、山に避難する地元民も多いのです。

でも、おっとっとがボリビア関係者を呼びたい!
今年だけどーしてもお願いします、ってことで、
またしてもアヒル丸焼きにして行ってきましたよ。
主賓は、ボリビア旅行で1ヶ月みっちりお世話になった家のご主人。

例のごとく汗だくになりながら料理をなんとか終わらせ、
いつものメニューがいつもの味になんとかなり、
カメラを用意、でもどうせほら、ちょっと絵柄が違う程度のああいう写真ならもういいかな、
なあんて、記念写真用に、普段使いのコンデジしか持たずに出かけました。

花火が始まって、花火のプログラム内容自体はうーん?普通?で、
でも、隣の船のへさきに、5歳から8歳ぐらいの子供が3人、
腹ばいになって見とれているのがかわいくて、つい撮影モードに入りました。
でも、船が揺れるので、なかなかちゃんと撮れない。
あーもう、だめかなあとあきらめる前の最後のだめもとで、
脇ぴしっと締めて違う方向狙ってみると…

red2010forB.jpg


だから、決め付けてあきらめたらそこで終わりなんだよ、
ほらまた1枚でも多く撮らないと。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/19(月) 09:21:18|
  2. 綺羅亭日乗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2段ベッドの幸せ

ご無沙汰してます。
あいも変わらず元気です。
こんな年まで何の問題もないって、実はとても恵まれているのかも、と思う日々です。

さて、すっかり動物日記になっておりますが…本日もおつきあいください。

ビンゴはすっかり元気です!な外見です。
が、実は4月早々また肺炎で入院して、今回はこの前ほどじゃないけど5月いっぱい投薬してました。
イングリッシュブルは、2歳過ぎまで成長が続くそうですが、
彼もすっかりマッチョな一見おじさん顔になりました。

occhian.jpg


…そういう品種なのでおじさん顔に見えることも多いけど
実は普段はすごく甘えた子供顔です。

stobene.jpg


あちこちで若くして死んでしまったブルちゃんの話を聞くにつけ、
一歳半を迎えたのは奇跡的、ということをつい忘れそうになる幸せ。

彼はすでに30㎏を超え、胴体が椅子の脚の間にぴったりはまる太さになりました。
気候がすっかり暑くなってからは、フローリングやら大理石の床がひんやりで、
わたしが座っている椅子の脚の間にはさまって寝るようになりました。
自分の座る姿勢もほめられたもんじゃないけど、
寝ている犬を起こさないよう立つのも、アクロバティックな技が必要です。

で、6月26日土曜日に、隣町パドヴァからこんな子がやってきました。

figdorme.jpg


親友とーごがいなくなってもちろんとても淋しかったけど、
以前犬の飼育法本を買うついでに買った、猫飼育法の本に、
「もしかしたら明日はもういないかもと思いなさい」とあってドキリとし、
最後の日々、とてもかわいがって十分に別れを告げることができたので、
同じ本に「亡くなった猫が幸せだったのなら、もう一匹また幸せにしてあげて」とあった言葉を、
とても素直に思い出すことができたからです。
ゆりも、なんだかとても淋しそうな顔をしていたし。

でも、同じ色とか模様は、とーご思い出しそうで避けようと思っていたし、
おっとっとは「こんどこそ♀で!」とか言ってたので(♀ならいいのか、猫でも(笑)
そのつもりで、新聞記事で見つけた、パドヴァの動物愛護ボランティアの人の家に行きました。

そういう事前に決めたことは、ぜんぜん違った方向に流れるのがわたしの人生のようで(笑)
行くなり、お世話係の人に、この子をもらってほしい!とロックオンされました。

おなかに@マークがあるアメショ風うずまき猫で、とーごとは違うけど似た色と模様だし、
男の子だし、
わたしが一番問題だなと感じたのは、
他の(18匹!)子猫はみんな人間を怖がらずに寄ってくるのに、
こいつだけがすばやく逃げて隠れてしまうので、
家に着いたら動物全員でお出迎え!が普通のうちの家風(え?)に合わないかもとか。

でも、ボランティアさんもやっとのことで彼をつかまえると、
すごく甘えっ子でのどを鳴らしまくり、わたしに渡すと
彼は初めてとは思えないリラックス振りで、一気にお互いマッチしてしまいました。

「この子は、一匹だけママとかなりひどい状況で保護されたので、
とても怖がりだけど、たくさんの愛情ともう一匹の猫が必要なのよ」
というのが、わたしを飼い主に決めた(苦笑)理由だそうです。
他の子たちもかわいかったけどね…

そんなわけでうちにやってきた子猫約2ヶ月半。
顔が小さく、耳が大きく、でも目は小さめで、手足胴体しっぽがとても長いイマドキの子。
頭もとてもいいらしく、とーごもゆりも入ろうともしなかった場所を楽々突破で、
ときどき変なところからひょいっと顔を出します。
ひとり遊びをしながらときどきかなり長時間後ろ足だけで直立しています。

不必要な状況なのに一目散に逃げていく小さな姿は、猫というよりは、
ベネチア名物大ドブネズミ「ぱんてがーな」そっくりで、
わたしが仮にそう呼んでいると、おっとっとから「それはないだろう」と苦情がはいり、
めずらしく理詰めで名前が決まりました。

「フィガロ」
そうそう、あのオペラの主人公。
モーツァルトの「結婚」よりは、
ロッシーニの「セビリアの理髪師」のイメージで。
神出鬼没、策略家だけど、自分で罠にはまってどたばたする、ダサいけど憎めないやつ。
曲が頭にあるせいで、おっとっともわたしも、
「ふぃーがろふぃがろふぃがろふぃーがろーぉー♪」とか呼んでしまいます。

で、ひょいと抱き上げると、これが今までの猫にない甘えっぷり。
いらない長袖Tシャツの袖をしばり、胴体の部分でくるんでおくと、
ごろごろいいながらいつまでもそこにいます(最長3時間・最後はわたしが根負け(苦笑)。
「手乗り文鳥」ならぬ「乳乗り猫」。
まあ乗れるうちは乗ってるがいいさ。
最近はPCに向かうとき、足元にビンゴがはさまり、胸元にはフィガロが乗り、という、
人間2段ベッドの幸せ。

もちろん初対面は「見た目が10割」だから、
最初は性別や毛の色を気にするわけだけど、
性格も動きも、まったくどの猫にも似ていない、「うちのフィガロ」なのでした。

yoroshiku.jpg

「どうぞよろしく!」

  1. 2010/07/08(木) 11:59:14|
  2. 動物の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー(月別)

06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。