水の都の流れ星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

老年ポートレイト

今年のクリスマスパーティの席で、義母にちょっと気になることを言われた。
「A(←わたし)に写真撮ってもらったら、すごく年寄りに写ってたから、
もう写真撮りたくないの!」

相手が喜ぶように撮れなければ、写真館としては敗北かもしれない。
年を重ねることへの配慮をしなければ、人としての思いやりにかけるのかもしれない。
もうドライアイス並のソフトフォーカスで由美か○る風撮影をするべきだったのかもしれない。

若くて美しくても、どんなお年寄りでも、
どんなかわいくない悪たれの子供でも、
そのまままっすぐ撮ってしまうのが自分の悪い癖なのかもしれない。

以前からの日記に既に書いたけれど、もう一度解説すると、
今年に入る頃、義父が白血病の宣告を受けた。
本人は哀しみながらもしっかり事実を受け止め、
やりかけの仕事を少しでも進めようと努力する中、
思ったよりも早くこの7月に去っていってしまった。
2月、まだそれほど衰えてもいないころ、
勇気を出してポートレイトを撮らせてもらい、
義母とのツーショットを撮っていたら、キスシーンまでサービスしてもらった。

自分としては精一杯の実力とそしてベストチャンスが揃った傑作なのだけれど。
そしてそれは、義父から後に残る皆への笑顔のプレゼントだと解釈しているのだけれど。
被写体さんが喜んでいない以上、そして以後撮影は嫌と言うきっかけになった以上、
それは自己満足にすぎないのかもしれない。

わたしの版画の師匠と、その伴侶である製本の師匠を
この間ようやく撮ることができた。
12月はじめにあった、「職人写真展」の被写体になってもらったのだ。
そんな言い訳でもなければ、
わたしがどでかい一眼レフをぶら下げて撮らせてくださーいと言うと、
やっぱりすまなそうな顔をしていやだと言う。
工房に貼ってある自然な笑顔の写真は、しろーとさんがコンパクトカメラでぱちっと撮ったもの。
見るたびに歯ぎしりするほど悔しいのはナイショさんです。
そしてこちらが精一杯撮った写真を見ても、
喜んだりはせずに、悲しそうに「ああ年寄りだわー」と言う。

そんなことが起こる理由は、ちょっとだけわかっている。
義母も、師匠たちも、若い頃とても知的で他人にあこがれられる存在だったのだ。
彼らは自分の容姿にうぬぼれているわけではないけれど、
写真の中の自分が老いた姿を、受け入れがたく思っているのだろう。

…とちょっとしょんぼりだけれど、あきらめたわけではない。
彼らを撮り続けるためならば、
甘えるわ撮影の言い訳をAからZまで用意するわ自分の人間力を向上させる努力するわ、
あらゆる手段を使う予定でいる。

そして、どんな年齢になっても、
自分が撮られるときは、けっして嫌な顔をせず、
写真を見る人が幸せになれるような笑顔をこころがけよう。
どんなしわくちゃでもカモーン!
相手のシャッタースピードに合わせて、入れ歯をがこっ!と落として、
次のコマでずれた歯でにっこり。
いいじゃありませんか。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 23:20:14|
  2. 写真の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おつかい猫の夢

今年の家族クリスマスの大人数パーティ&プレゼント交換会も無事終わり、
家に帰ってほっとメールチェックのひととき、
なにか部屋の隅から視線を感じてそちらを見ると、
うちのとーごがこんななってました…。

OTUKAI1


OTUKAI2


あ、首しまる?と駆けつけてみると、
新感覚に妙な顔をしながらも、楽々とパスタ1.5キロ入りの袋を引きずってました。
その調子で、買い物にいってくれまいか。
お金を必要なだけ袋に入れて、お店の人と申し合わせたら完璧。

というか、早く袋はずしてやればいいのに、
まずカメラで写真を撮られて公開されてしまうのは、
うちに飼われた宿命ですよ、とーごくん
  1. 2006/12/25(月) 20:35:23|
  2. 猫の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Buon Natale!

auguridinatale


近所の家がこのように派手に飾り付けられてました。
うちは今年は地味です。綺麗な色の蘭を買ったぐらい。
おっとっとの大家族へのクリスマスプレゼント準備で精一杯といったところ。

それでは皆様、よいクリスマスを!
(ってイブがメインの日本ではもう終わった感ありですね)
  1. 2006/12/25(月) 19:02:01|
  2. 綺羅亭日乗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小さい憂鬱

髪が伸びてしまった。
後ろでもぎりぎりしばれるし、
二つにわけてちょんちょりんしばりなら完璧だ。
さすがにちょんちょりんのまま外には出られないけど。

わたしのこの街での床屋さんは、おっとっとの床屋でもある。
もとプレイボーイで、今でも勢いだけはあるタイプ。
一緒に隣で髪を切っている息子がとてもわたしのタイプだが、
わたしはむしろそういう相手には声がかけられないタイプです、はい。

それはいいんだけど、そのオヤジのところに切りにいくと、
歌いながら勢いよくはっはっ!とかっこよさげには切ってくれるが、
息がくちゃいので鏡の中で微笑めない。

やりたいようにやらせておくと、頭のてっぺんの毛を思いつきで
ぱっつん、とオバQ(知らないだろーな、皆)のように切ってしまうので、
日本に行って美容室に行くと、自分で切ったでしょ!
いーや絶対自分でやったね!と美容師さんに笑われるので鬱。

白髪がどんどこ増えている。
今年後半の話だ。
前半までは一本生えては誰かに抜かれていたのに。
一本だけ交じってると、美容師やおっとっとだけではなく、
ねえ、それ抜かせて、と提案されることが多かった。
もう今じゃ抜いたら大変なことになるよ。どうだ、じゃないか。
中途半端は嫌いです。
ぶわわーっと白髪になるのもいいな。
その場合ちょんちょりんはもうできない。

やだな、今のこういう清楚なセミロング。
中身にちっとも合ってない。
  1. 2006/12/24(日) 06:41:15|
  2. 綺羅亭日乗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただいま

ただいま。
やっとWEB日記帳からブログに進化しました。
おそっ!でもそれもいつものこと。

ずっと日記を書いていないので、
あまりするりと言葉が出てこないです。
やっぱりこういうのも、さび付くのね。

それでも日々は容赦なく、いろいろなものをわたしに運んできてくれました。
どちらかというと、いいことの方が多いかな。
相変わらず、少なくとも退屈はせずに日々をすごしています。
今年の冬も丈夫です。風邪を一回引いた程度。

皆さんどうしてますか。

写真をフィルムからスキャンして皆さんにお見せするという、
以前やっていたことは当分できませんが、
テキストだけでもじわじわ更新していきます。
またお話できるのがとってもうれしい。
正直な気持ちです。
  1. 2006/12/22(金) 05:26:40|
  2. 綺羅亭日乗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー(月別)

11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。