水の都の流れ星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懐疑の森

「自分は、食べられるものは作れるようだが、一般的な意味では料理が下手らしい」
…というのがこの間の疑惑だったけれど、
思えば毎日ひそかに疑っていることはかなりあります。

…え?キャベツはなかったから、今日は大豆とひじき煮ときました。
入れる野菜やこんにゃく、油揚げを、力んで普段より細かく切るわかりやすい自分(苦笑)
今日も、食べられますが上手ではないですね、たぶん。

それにしても…

無農薬、有機栽培、無添加、○○さんが作った野菜、マクロビオティック、国産…
…って、ただほとんどの場合パッケージ表面などにそう書いてあるだけですよね?
皆ほんとうに信じてるの?っていつも不思議です。
信じていた人ごめんなさい。
もちろん安全なものは食べたいけれど、疑ったから食が細くなるどころか、
じゃあなんでも同じだね、と食べる量が変わらないところがわたしですな(笑)

食品の表示だけじゃなくて、
書いてあることは常に100%信じてはいない、
といいながらブログを書くという矛盾。
新聞の記事もドキュメンタリーも、どんなに真剣に書いていても、
予断や思い込みや偽情報その他が入っていないとは限らない、と思っています。
都合の悪いことは書かないに違いない、とも思います。

ノンフィクション、と銘打たれると疑いが生まれ、
フィクションとことわりが入れば、なんとなく安心して受け入れる、
なんて倒錯なの、と思いつつも、実際長年そう考える習慣があります。

もっとわからないのは猫の気持ち、犬の気持ち、
そして、人の気持ち。

たとえばビンゴがフィガロを舐めているのは、
わたしをぺろぺろしてくるのは、
うわーかわいい、じゃなくて、
実は味見してるのかな、とか。
まあ冗談…だと信じたいですが(笑)。

喜んでいるとか悲しんでいるとか、自分の気持ちを勝手に投影しているだけ?
物言わぬ動物たちを相手には、ときどきそんな風に疑いながら、
彼らの本当の気持ちを、常に探っています。

ただ、動物が飼い主を好きな場合、気持ちが同調しやすい、とか、
ビンゴはわたしを頼りにしているらしい、とか、
彼はおっとっとのことが大好きだ、とか、
フィガロはわたしとビンゴにしか心を許していない、とか、
ゆりは見かけによらず、わたしたちのことが大好きだ、とか、
そういう、核になるような、理屈ではない実感があって、それはさすがに疑っていないし、
だからこそ仲良く生きていけるんだな、と思います。

人の気持ちは、言葉がはさまる分もっと複雑です。
わたしは若いころからあまり言葉に裏表がなくて、
他の人が「遠慮して言わない」とか「実はお腹の中では別のことを考えている」
そして、本当にまれに「本音が聞けることもある」
という、この世の中のシステムがよくわかっていませんでした。

相手の気持ちを考えたところで、それは自分の頭の中の相手、なわけで、
本当の気持ちは、本人しかわからない…まあ当たり前のことですが。
とりあえず自分ひとりだけでも「悪気はなかった」という言い訳をしないように心がけてます。

疑っては、それでは人間関係動物関係が立ち行かないところまで頭の中でつきつめて、
んぁ~めんどくせぇ!と、ちゃぶ台返しをしては、
実はあんまりそういうことは考えていないのがわたしの日常。
でもその実、深いふかい疑いの森をうろうろしているような気もするのです。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/05(日) 09:22:42|
  2. どーでもいい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

懐疑

いきなりノロケのようで悪いけど、
うちのおっとっとほど、わたしと食べ物の好みが合うやつはいません。
もしかしてうちの真の絆とは、食べ物なのか?というぐらい。
これを出せば険悪な雰囲気もやわらぐ、という品目がいくつかあるのは確かに最強。
おいしいものを食べて機嫌がなおる、という性格が共通しているのもあるけれど。

うちでご飯を食べてくれる友達も、好みはかなり近いと思われます。
でも、ひとんちでご飯食べておいて、「これってさぁ」と批判する人もそういないかな。

がさつなわたしは包丁ワークが弱点です。
キャベツが百切りになる、あのタイプです。
イタリア料理はそんなわたしのためにあるような料理です。
家にまな板がないことも珍しくないお国柄ですし、
あんまり几帳面に切って少量美しく盛り付けると、なにやらまずそうに見える料理でもあります。

だから…わたしはずっと、料理下手ではない、と思い込んでいました。
が、特に理由もなく最近、そのわずかな自信がゆらいでいます。
サイトや本で、いろいろ基本料理のレシピをじろじろ見ている今日この頃。

お茶やお花や、その他の伝統芸能に限らず、先人が経験から学んだ型というものがあって、
それを自分がオリジナルで超えているわけがないんだから、まず基本ですか。
キャベツ、千に切る特訓とかしたほうがいいですか。

お菓子はレシピどおりに計って手順を忠実に踏まないとうまくいかないのはわかっていたけど、
料理は思いっきり目分量。母がそうだったからかもですが。
でもそれは間違いだったかもかもかも。

あるところでふと目にした、
「レシピどおり、若い娘のような素直~な気持ちでそのまんま作るのが一番」
というフレーズが、いろいろ途中でアレンジしてしまうわたしの課題です。
「若い娘」からなんと遠いところに来たものよ(遠い目)
  1. 2010/12/04(土) 03:00:52|
  2. どーでもいい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草一本生えない

あまりのしょぼさに、忘れられなくなることってあるものです。
1年以上ぶりに検索してみると、ありました。
時間の無駄、しょぼいの嫌いなひとは、再生しないでください。




ここで、左隅でえんえんと地味にやってるベーシストさんが、自宅のPCから直接見せてくれました。
彼は、オーストラリアでお世話になった一家と家族ぐるみのおつきあいで、2年前のクリスマスの午後を一緒に過ごしてくれたのです。
曲と動画は80年代のものです。
今や彼は、特定グループには所属してはいないものの、ビッグバンドやビッグフェスの助っ人として堅実かつ花のある演奏ぶりで、文字通りベース一本で食べてます。
現在はこんな仕事してるんだよねえ、とPCからYou Tube見せてくれて、
すごいすごい、かっこいい!とお世辞抜きで言ってると、
昔はこんなことしてたんだよねえ、とこれを見せてくれたんです。

草一本生えないテキサス、の地名の部分を変えながら、
旅行中の小さな「あららこらら」「だめぽ」の度に歌ってたら、いつしかホストファミリーの旦那さんも一緒に歌ってました。
今でも一度見ると、脳内ループされて止まりません。
た、助けて…とかいいながらおすそわけ。
  1. 2009/03/29(日) 10:27:12|
  2. どーでもいい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

微妙な失言

調子にのると、微妙な失言をしてしまうようです。
挽回というか補足しようとして、泥沼、もお決まりのパターンです。

この辺笑える人だけ、友達として残ってくれます。
しょうがないなあって笑いみたいですけど(しょんぼり)。
この世の皆がわたしを好いてくれるわけもないのですが...

海から帰る車の中で、うち夫婦とマイクアネット夫婦だけでした。
海辺のサーフィンスクールの、インストラクターのお兄さんが、
ちょっとかっこよかったとわたしが話していました。
眉にも唇にもピアスしてたけどねー、と言ったあたりで、
マイクがえーそんなんがいいのって反応をしたので、
このあたりでやめておけばよかったのですが。

でもつい、言ってしまったんです。
「あーでも、つきあい初めには容姿は関係なくて、
感じがよかったりフィーリングが合ったりするわけだけど、
反対に自分で容姿が気に入った相手とは、
ぜーんぜんつき合ったことないんだよねー」

おっとっとは若い頃、かなり知られた容姿自慢でした。
よく知らない近所の女の子から家に花が届くぐらい。
わたしがブス子なので、しばらくつき合うかどうか悩んだぐらい。

なので、この発言でどっかーん!ってショックを受けてました。
その後素で半日以上ひきずってました。

その場ではほんとーなのそれ?と聞かれましたが、
この話はわたしはおっとっとにしたことがあるはずなので、
「一般的にはモテる人だったのかもだけど、
自分の好みじゃないのにかっこいい自慢されてもねえ」
と追い打ちをかけてしまいました。

アネットは大笑いしながらもちょっと皮肉な調子で、
「あなたってときどき...すごく面白いわね」
(えんたーてぃにんぐ、という言葉を使ってました)
おっとっととカップルに見えるぐらい仲良しのマイクは、
「オレおっとっとと車から降りるわ」とかましてくれました。

懺悔して、反省し、次回から言動に気をつけたいと思います。
以後、真実は墓場まで持っていこうと思います(笑)。
  1. 2008/02/22(金) 17:43:30|
  2. どーでもいい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

倦怠期のふたり

「いびき二重奏」の奏者ふたりを一緒に撮ると、
いつもなぜかゲイカップルに見えます。

これが撮れてからというもの、周りのひとに見せながら、
「見てー。げい・かっぷる・くらいしす(ゲイカップルの倦怠期)」とささやくと、
たいてい爆笑されてしまいます。

調子にのって皆さんにも見てもらっちゃったり。
おっとっとの顔初公開だわ…

gaycouple.jpg


「ねえ、ぼくたち、もうだめなのかなあ」とか台詞つけたくなっちゃう…。


  1. 2008/01/29(火) 09:36:29|
  2. どーでもいい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いびき二重奏

いびきはもともとそれほど嫌いじゃありません。
横で気持ちよさそうにぐーぐーいってると、
波の音のような反復子守唄効果で、
寝つきの悪いわたしがすやすやすることも多いです。
ちなみに、うちは夫婦そろって、
「疲れたときはかくこともある」程度です。

それでも限度はあるもので。
亡くなった父のいびきはそりゃひどいものでした。
本人が声張り上げて歌うより大きな音量で、
ごーでもなくぐあーでもない表現しがたい音で、
延々と続くので聞いていてむしろ不安になってしまうのです。

一昨年の夏、ボリビアで家に泊めてくれたフランシスコも、
今回オーストラリアで家に泊めてくれたマイクも、
いびきのせいで奥さんに居間のソファーに追いやられているという話で、
今回はどのレベルなのかと若干期待はしていました。

クリスマスのあと、海の家に3泊連れて行ってもらったある夜、夢を見ました。
目の前のベッドに、父と母が眠っていて、
二人とも盛大にいびきをかいているのです。
最初は笑っていたわたしも、徐々に不安になり、
特に父のほうの、「ぎーぃ!ぎーぃ!」という奇妙な音が気になり、
「お父さん起きて!お母さんいいかげんにして!」と
感情のたかぶった状態で目が覚めました。

すると、「ぎーぃ!」は遠くから聞こえるマイクのいびきで、
「ぐぉーっ」と母のパートでクラシックないびきをかいているのは
うちのおっとっとでした。
時計を見ると朝の4時。
暗いなかひとりで声だして笑ってしまいました。

起きてからもちろん皆に話してお笑いのネタにさせてもらったわけですが。

次の夜は、奥さんアネットの声で目が覚めました。
「すとっぷ・ざっと・ぶらでぃ・すのありん!!」
(そのくそいびきをやめなさいよ!)
で、ばしーん!と思い切りひっぱたく音。

あ、話さなければよかったかなとちょっとだけ後悔しながら、
今度はひとりこっそり布団の中で笑ったのでした。
  1. 2008/01/28(月) 12:47:31|
  2. どーでもいい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビジュアル…侵略…系

無事帰宅いたしました。
今回も、帰省中いろいろと皆さんにお世話になりました。
…と書くと、決まり文句すぎですが、
やはり皆さんのあたたかい気持ちをもらって、
今回も帰ってよかったなーとしみじみなのです。

「展覧会のまとめ」を、すぐ聞きたい!と気にしてくださる方もいることは
ちゃんとわかって感謝してはいるのですが、
これだけ展覧会ネタがブログに連続すると、
書いてる本人がちょと気持ち悪いので、少し別ネタを。

帰国前からネットでちら見で、すごく気になっていたのが、
おっぱっぴーのハダカの人と、柳原可○子です。
共通するキーワードは、「暑苦しい」

実家のテレビの大画面で見て、噂どおりのすばらしさにのけぞりました。
特に柳原さん、ぜひポートレイトのモデルになっていただけませんでしょうか。
マツコ・デ○ックス以来の衝撃でした。 
東京の電気屋さんの、「オニ安」のどでかい看板をみてぽーとしてしまいました。

でもー。
ギャグはぜんぜん…どこが面白いのかわかりませんでした。
まあ年々日本語力低下中のわたしが言うことなのでどーでもいいのですが。

なのになのに、
目を閉じると、二人のどちらかがふっと大暴れしてたりするのですね。
しばらく忘れられそうにありません。

こういう、ビジュアル侵略系のコメディアンて、
別に前代未聞ってわけじゃなく、いましたねー、誰だったかなーと
じーっと考えてふと思い出しました。 
「志○けん」

  1. 2007/12/12(水) 12:59:58|
  2. どーでもいい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。