水の都の流れ星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔女火刑

毎年3月の終わりに、わたしの家の近所では、魔女をひとり火刑に処します。
彼女が燃え尽きたときが、この街の春。

燃える前の魔女のお姿は毎年通りすがりに見ていたのですが、
今年やっと火刑に立ち会えたので、お見せしようかと。

いや別に見るのが難しい秘儀というわけではなく、ふつーの地元のお祭りで、
脇では主催の地域教会がコンサートしたりワインやおつまみ売ってます。
わざわざ日時を調べて立ち会う気が今日までなかっただけで(苦笑)。
場所は、現在もイタリア海軍施設として使われている、
かつてのベネチア共和国海軍施設、アルゼナーレ正門前広場です。

今年の魔女さんは、スラブ系美女、お手伝いさん風です。
例年はもろおばあさんな感じなのだけど、今年は若め。

strega09-1.jpg

足もとから点火。

strega09-2.jpg

よゆーで誇り高く燃えていく魔女さん。

strega09-3.jpg

たかが伝統的なお遊びではあるけれど、
人のかたちが燃えていく姿に、うむぅ、とついうなってしまいます。
火は本当にきれいだな、と見とれそうになりますが。
しかし本日は風がとてもつよく、地元のおじいちゃんたちが、
物慣れた様子で、でもすばやく飛び火に水をかけています。
歴史的建築物のすぐ前ということもあり、もしもの場合に備えて、消防士さんたちもたくさん来ています。

strega09-4.jpg

最後まできれいな散り際です。

strega09-5.jpg

やはり近所に住んでいる、義兄夫妻も来ていたので、兄嫁さんについ、
「中世はこうやって魔女とか言って女の人燃やしてたのねえ」と言ったら、
「あーら、ベネチアだけじゃなくて全ヨーロッパだし」
「あなたたちだって罪人火刑とかしてなかったの?」と、笑いながら抗弁されたので、
「そう、キリスト教信者とか、外国人の神父とか燃やしたわねえ」と答えておきました。
「そうね、布教といいつつ、侵略に行ってたようなもんだから」、と、よくわかっていらっしゃる賢い兄嫁です。
日本では実はもっとあんなこともこんなことも…なんて事実は、ここでは内緒さんです。

古い捨て去るべき「ナニカ」を燃やしつくして、すっきり春を迎えるって意味なのかな、
と、個人的にはそう思っています。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/21(土) 23:33:40|
  2. 地元ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キリン来襲

ひきこもりではありますがカーニバル、ってことで。
今年は10日以上晴天が続いて、寒さもそこそこで、たいへんいい感じです。
明日24日火曜日マルテディ・グラッソで終わりだけど。

この前の土曜日の朝、キリンから電話がかかってきて、
いいから写真を撮りに来い、と呼び出し食らいサンマルコ広場へ行くと…

kirin1.jpg

キリンが3頭、子キリンと飼育係をつれて待ってました。
皆さんの毎年の仮装も面白くて好きだけど、こんな巨大な仮装をしてるひとはいません。

「いいから撮れよな」と言われてお尻を撮ると、つくりものであるのがわかります。
本物のキリンじゃなくてよかったよ…
広場に集まっている世界中からのお客さんはもちろん大喜び。

kirin2.jpg

「明日はサン・ポーロの子供広場で待ってるからな、カメラ持ってこいよ」とキリンが言いました。
なので仕方なく行ってみると…
子供広場はサンマルコ広場ほど混んでいないので、キリンがのびのび歩いてました。

kirin3.jpg

子キリンは、お姫様やら子熊やらチビ怪傑ゾロなんかと仲よさそうです。

kirin4.jpg

近くのカフェで無関心なひとや、広場のごみ箱を見ると首をつっこみたくなるようです。

kirin5.jpg

…なんちて。やっぱ種明かしがいりますね。
中の人がうちの義妹なんです。
3代続いたアムステルダムの大道芸人の血筋。
専門は、竹馬のりです。
衣装も演出もマネージングも、すべて彼女ひとりでやってます。
おっとっとの弟は彼女と結婚して、かいがいしく裏方をつとめております。
彼女の妹はアクロバットの専門家のはずですが、
今回別グループでベネチアに出現した巨大恐竜の中の人を務めたようです。

中がどうなってるか、というのは、見物人の前で着替えるのでなんの秘密もありません。
見たってそう簡単に真似できるものでもないでしょう。

1)竹馬つきキリンズボンを装着。
  (子キリン役は竹馬なし)

kirin6.jpg

2)軽鉄骨入りキリンの首を背負う
  (後で装着の手伝いをしてるのがうちの義妹)
 キリンの首はかくんかくんとうなずくように動くようになってます。

kirin7.jpg

3)竹馬つき前足ズボンを、両手に装着してできあがり。

高い竹馬を2本足で、というのが本来の芸かもしれませんが、
四つん這い微妙な前傾姿勢で、かなりの重さと高さのキリンの首部を背負い、
ときどき首を前に倒してお客さんとコミュニケートをとるという、
見ているだけで腰痛悪くなりそうな、重労働なのでした。
実際、30分以上続けるのは無理とのこと。
中の人は全員、女性(しかもなぜか皆最低170cmありそう)です。
男はダメっていう規則があるわけじゃないらしいけど…。

kirin8.jpg

彼女らのグループ、「テアトロ・パヴァーナ」は、アムステルダムに拠点を置いて、
ヨーロッパ中のメンバーを抱えています。
結成以来の出しものと衣装も、とてもユニークで楽しいものだったけれど、
このキリンで一気にブレークした感があり、
インドのマハラジャの誕生日に呼ばれたり、
日本の静岡で毎年行われる大道芸フェスティバルにも、去年11月に出場しました。
ベネチアのカーニバルに呼ばれたいけど、上手くいかないと以前こぼしていたけど、
今年とうとう出場を果たしました。

おっとっとが、「不況で仕事減ってない?」とつい聞くと、
「うん、減ったけど、今多すぎて困ってるくらいだから丁度いい」との立派な返事でした。
「このどん底もいつまでも続くわけじゃないだろうしね」なーんて元気もらったような。
夢を見るだけじゃなくて手に触れられるかたちにして、みんなに分け与える、いい仕事だよねえ。

彼女たちの、「テアトロ・パヴァーナ」のサイトはこちら
  1. 2009/02/23(月) 15:26:48|
  2. 地元ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ベネチア人惨敗

081201-d.jpg


さて、昨日の話の続きですが。
思った以上の災難となりました。
街が数時間水浸しになったところで、誰も死なないけれど、
今回ばかりは頭を抱えた市民が多いと思います。
以下ベネチア人惨敗の模様をお伝えします。

ニュースによると、昨日の水位はピーク時午前10時45分で海抜156cm。
観測史上(18世紀以来)4位、20年ぶりの高さでした。
20年というと、わたしにとっては初めて見た高さということになります。

でも、皆の敗因は水位の高さだけじゃないはず。
ここ2年ほど、目立った高さ以上上がらなかったので、全員すっかり油断していたことと、
あと、水が上がってくるペースが予報以上に速かったことがあると思います。

昨日の朝、サイレンが鳴った時の市発表最高水位予想時間が、12時半。
2時間ほど早く水が来たことになります。
ピークのときの撮影を狙って待ちながら、のたのたと昨日のログをアップしていた頃が一番だったということです。
わたくし相変わらずのどんくささでございます。

どこから説明したらいいのか迷いますが、
たとえば自分でスーパーを経営してると想像してみてください。
浸水はよくあること、とはわかっていて、冷蔵食品、冷凍食品、飲み物を冷やして陳列するケースにはゲタをはかせてあり、コンセントの位置も上めにとってあります。

でもその予想位置を超えて、水が入ってきたら…。
前の日に、異常に水位が上がる予報は出ておらず、通常通りの出勤準備をしていたとしたら。
いや、交通ストがあることがわかっていたので、早めに出る準備はしていたけれど、家賃が高い市内に家が持てず、郊外から出勤だとしたら。
郊外の町ではアクアアルタ警報は鳴らないので、普通の靴で出てきていたら。
昨日の夕方到着した商品の段ボールを、倉庫の床にたくさん並べてあったっけ、と思いだしたら。
もともとスペースが少ないベネチアのこと、棚の下の段にも商品ぎっちり、とか。
どうです?なかなかぞっとしませんか?そりゃ死にゃしませんけどね。

ということで、ピークから2時間後の近所に出てみました。

水の高さは地盤によってまちまちですが、その時刻にはうちの玄関はスネの中頃といったところ。
ピークにはヒザ位置を超えたようです。
うちの1階には最近外国人が入居のミニアパートメントがあって、
ピアノを弾く音が聞こえてきたので、
水上がっても大丈夫なのかななんて冗談のつもりで言ってましたが、
やっぱり中に浸水し、ピアノも少しだけ濡れてしまったようです。
ちなみに、水は海からやってくるので、塩水です。

普通丈のひざ下長靴では歩くと水が入ってくるけれど、普通の靴で出るわけにもいかないというなかなか切ない高さです。
もちろん、若干高くなっていて水をかぶっていない地域もあります。
でも、乾いたところを選んで遠回りしながら目的地に向かっても、濡れずに到着するのはまず不可能。
小道を歩いては水にぶつかり、曲がったり引き返したりのこの不毛な状態を、
わたしはこっそり「あみだくじ歩き」と呼んでいます。

まずは商店街のお友達、
いつも写真や版画の額装をお願いしてるフランチェスコくんの工房にお見舞いに行きました。
てかカメラ向けると笑ってるし(笑)。
水が引くまでできることないのに、なにやってるの?と聞くと、
お客様から預かったものを高い所に上げた後、作業台のうしろに落ちたものを手にもった棒でとってたそうで。

011201-a.jpg

どこまで水が来たか、見せようか、とドアのうしろを撮らせてくれました。
わたしがつけた、赤い矢印のところを見てください。
白い壁のしっくいの色が一段暗くなってるところ。そこまで水が入ったそうです。

081201-b.jpg

そのお向かいには、この商店街唯一の靴屋さんがあります。
もちろん、長靴を売るため開店中ではあるけれど、彼ら自身もかなりお困りのようでした。
緑のシャッター下部の色が暗くなってるところも、もしかしてここまで水がきたってことなのかも。

081201-f.jpg

水位が高い時の典型的なベネチア人ファッション(苦笑)。
手に持っているビニール袋は換えの靴と見た。
ワンさんは、だっこしてもらえてうれしそうだったけど。

081201-e.jpg

アクアアルタ対策完璧の、お店を一軒ご紹介。
こんな中でもバリバリ開店のパン屋さんです。
ただし、飲み物販売用の冷蔵ケースはやられてしまった模様。
店の入り口に、かなり高さのあるバリア板を張ってます。
それでも入ってはくるけれど、これでかなり楽になるのは確か。

081201-g.jpg

入口直近に、排水ポンプの入った排水穴をつくり、
店内部全体がこの穴にむかってゆるやかにスロープになっています。
こんななるまでこの絶妙なシステム、来ても気づかなかったわ。

081201-h.jpg

で、道路に向かって排水、と。

もちろん、店の構造上、これができにくいところが多いのも確か。
だって16世紀17世紀の建物なんてざらだし。
あと、下水道が逆流するという現象もあります。
それを知ってるお店は、トイレの水回りに逆流防止の工夫をしているけれど、
オーナーが外国人で知らずに改装したレストランのにほひがすごいことになってました。

081201-i.jpg

今年のヒット商品をご紹介。
なにやらぶら下がってる緑の物体にご注目。
靴を履いたまま着られるようになってる、ビニール製のズボンです。
これ見つけて何に使うかひらめいた観光客さんは、かなりラッキーかも。
下手な長靴よりもいいかもしれない…途中で破けなけりゃだけど。
それにしても売ってるお店自体、どうにかしてあげたい。

081201-j.jpg

でも、高い所に上げられるだけのものを急いで上げてからは、
水が引くまでやることは事実上ないです。
それでもあれも濡れた、これもだめになったと右往左往するのが人情だけれど、
わたしは個人的に彼みたいな人好きですね。
さ、やることやったしウマいワインとパニーニで昼飯しとくか。
近くのレストランのオーナー、ルチオおじさんです。

081201-k.jpg

  1. 2008/12/02(火) 14:25:42|
  2. 地元ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

花火

hanabi07.jpg


毎年恒例、レデントーレの花火大会のおみやげ画像です。
今年の花火は、レデントーレでは初めて音楽とシンクロ。
大掛かりで、音楽とばっちり連動はしてましたが、
全体的にはお上品で地味、盛り上がりには欠ける印象でした。
花火ってのはもっとどかどか勢いがないと、というわたしが下品なのかもですが。

デジカメでなんとか使える程度に撮れていたのはこれ1枚で、
フィルムのほうの結果がとっても心配になりました。
船は常に波と風で動いているので、ブレるのは予想してましたけど。

だって写真なのに、
自分の過去の版画のほうがいいような気がするなんて(笑)。

今年も楽しい食事の面子で、いいピクニックでした。
横に並んで、船をつなぎ合わせた相手の人たちもいい人たちで、
隣の船のおじいちゃんはおっとっとが気に入ったらしく、
船のへり越しになんだか奥さんの愚痴とかこぼしてました。
キャンプ用のガスコンロまで搭載していて、
食後のコーヒーまで入れてくれちゃったり。
  1. 2007/07/16(月) 06:05:46|
  2. 地元ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

祭の支度

今年もレデントーレ教会の祭日がやってきます。
明日は「宵宮」の花火大会。
船持ちのわたしたちとしては、やっぱり水上ピクニックを主催しなくては。

花火が始まるのは11時過ぎだけど、
船で見に行く人は、遅くとも8時にはでかけて、みんなでご飯を食べながら待ちます。
普段は小麦粉や建築資材を運んでいる船やら、近郊の漁船が、
ご飯なしでクラブ(ってか『ディスコ』)化し、
あふれそうに若者乗せて踊りまくったりしてますが、
恋人と二人やごく家族だけの小さな船で
普段どおりのつつましやかな食事を食べたりしている船も多いです。

がっ、うちは伝統メニューを重んじる船なので
イワシ南蛮漬け(さるで・いん・さおーる)
あひるの丸焼き
すいか
の三品はお約束です。
それに、冷製パスタと軽めのおつまみ(うちは生ハムメロン/いちじく)、
今年は時間あるし、自分でケーキでも焼くかなあ、ってところです。

毎年、かなりの数の日本人のお客様を乗せてきたけれど、
今年は彼の兄弟姉妹のうち、新しい彼氏彼女がいる人、
今年の始めやコモ湖でお世話になった、カリブの従兄弟夫妻がゲストなり。

明日の近所の商店街は、どこも大混雑なので、
前もって買えるものはさっき買ってきました。
明日はパンとか、切りたてがおいしい生ハムとか...
船の飾り付け(色とりどりでかわいいです)の段取りとか...
と、既に気分は軽い戦闘態勢です。

レデントーレのお祭りは、7月第三日曜日で決まっているのですが、
今年は1日が日曜だったので、地元民もかなり混乱してました。
7月の3つめの週末、って覚えていた人たちは、
21日土曜が花火大会だよ、と言い張っていたのですね。
わたしも、関係者から正しい日付を聞いていたものの、かなり不安でしたが、
昨日の新聞で、14日花火大会確定のようです。

よっしゃ、ということで腕まくり中。
  1. 2007/07/13(金) 20:07:06|
  2. 地元ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。