水の都の流れ星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

溶ける犬猫

今年の夏、日本は暑かったそうですね。
こちらもかなりひどい日はあったものの、
もっと暑かった年はある、って感じで、中の上程度の気温でした。
9月に入ったとたん、気温がたっと下がりました。
おかげさまで風邪もひかず、涼やかないい日々送ってます。

で、暑かった日々の思い出写真をちょこっと掲載。
テレビや雑誌で見ていたあの、お腹見せ猫が、うちの新しい子だとは…

昼寝るときも

figarodisteso-1.jpg


夜寝るときも

fig-panciasu.jpg


激・ごろんちょ!

figarodisteso-2.jpg


どさくさにまぎれて男子確定記念。

danshi-kakutei.jpg


僕も負けてはいません!

bingodisteso-1.jpg


暑かった、ね♪

bingodisteso-2.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/09/15(水) 08:36:47|
  2. 動物の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2段ベッドの幸せ

ご無沙汰してます。
あいも変わらず元気です。
こんな年まで何の問題もないって、実はとても恵まれているのかも、と思う日々です。

さて、すっかり動物日記になっておりますが…本日もおつきあいください。

ビンゴはすっかり元気です!な外見です。
が、実は4月早々また肺炎で入院して、今回はこの前ほどじゃないけど5月いっぱい投薬してました。
イングリッシュブルは、2歳過ぎまで成長が続くそうですが、
彼もすっかりマッチョな一見おじさん顔になりました。

occhian.jpg


…そういう品種なのでおじさん顔に見えることも多いけど
実は普段はすごく甘えた子供顔です。

stobene.jpg


あちこちで若くして死んでしまったブルちゃんの話を聞くにつけ、
一歳半を迎えたのは奇跡的、ということをつい忘れそうになる幸せ。

彼はすでに30㎏を超え、胴体が椅子の脚の間にぴったりはまる太さになりました。
気候がすっかり暑くなってからは、フローリングやら大理石の床がひんやりで、
わたしが座っている椅子の脚の間にはさまって寝るようになりました。
自分の座る姿勢もほめられたもんじゃないけど、
寝ている犬を起こさないよう立つのも、アクロバティックな技が必要です。

で、6月26日土曜日に、隣町パドヴァからこんな子がやってきました。

figdorme.jpg


親友とーごがいなくなってもちろんとても淋しかったけど、
以前犬の飼育法本を買うついでに買った、猫飼育法の本に、
「もしかしたら明日はもういないかもと思いなさい」とあってドキリとし、
最後の日々、とてもかわいがって十分に別れを告げることができたので、
同じ本に「亡くなった猫が幸せだったのなら、もう一匹また幸せにしてあげて」とあった言葉を、
とても素直に思い出すことができたからです。
ゆりも、なんだかとても淋しそうな顔をしていたし。

でも、同じ色とか模様は、とーご思い出しそうで避けようと思っていたし、
おっとっとは「こんどこそ♀で!」とか言ってたので(♀ならいいのか、猫でも(笑)
そのつもりで、新聞記事で見つけた、パドヴァの動物愛護ボランティアの人の家に行きました。

そういう事前に決めたことは、ぜんぜん違った方向に流れるのがわたしの人生のようで(笑)
行くなり、お世話係の人に、この子をもらってほしい!とロックオンされました。

おなかに@マークがあるアメショ風うずまき猫で、とーごとは違うけど似た色と模様だし、
男の子だし、
わたしが一番問題だなと感じたのは、
他の(18匹!)子猫はみんな人間を怖がらずに寄ってくるのに、
こいつだけがすばやく逃げて隠れてしまうので、
家に着いたら動物全員でお出迎え!が普通のうちの家風(え?)に合わないかもとか。

でも、ボランティアさんもやっとのことで彼をつかまえると、
すごく甘えっ子でのどを鳴らしまくり、わたしに渡すと
彼は初めてとは思えないリラックス振りで、一気にお互いマッチしてしまいました。

「この子は、一匹だけママとかなりひどい状況で保護されたので、
とても怖がりだけど、たくさんの愛情ともう一匹の猫が必要なのよ」
というのが、わたしを飼い主に決めた(苦笑)理由だそうです。
他の子たちもかわいかったけどね…

そんなわけでうちにやってきた子猫約2ヶ月半。
顔が小さく、耳が大きく、でも目は小さめで、手足胴体しっぽがとても長いイマドキの子。
頭もとてもいいらしく、とーごもゆりも入ろうともしなかった場所を楽々突破で、
ときどき変なところからひょいっと顔を出します。
ひとり遊びをしながらときどきかなり長時間後ろ足だけで直立しています。

不必要な状況なのに一目散に逃げていく小さな姿は、猫というよりは、
ベネチア名物大ドブネズミ「ぱんてがーな」そっくりで、
わたしが仮にそう呼んでいると、おっとっとから「それはないだろう」と苦情がはいり、
めずらしく理詰めで名前が決まりました。

「フィガロ」
そうそう、あのオペラの主人公。
モーツァルトの「結婚」よりは、
ロッシーニの「セビリアの理髪師」のイメージで。
神出鬼没、策略家だけど、自分で罠にはまってどたばたする、ダサいけど憎めないやつ。
曲が頭にあるせいで、おっとっともわたしも、
「ふぃーがろふぃがろふぃがろふぃーがろーぉー♪」とか呼んでしまいます。

で、ひょいと抱き上げると、これが今までの猫にない甘えっぷり。
いらない長袖Tシャツの袖をしばり、胴体の部分でくるんでおくと、
ごろごろいいながらいつまでもそこにいます(最長3時間・最後はわたしが根負け(苦笑)。
「手乗り文鳥」ならぬ「乳乗り猫」。
まあ乗れるうちは乗ってるがいいさ。
最近はPCに向かうとき、足元にビンゴがはさまり、胸元にはフィガロが乗り、という、
人間2段ベッドの幸せ。

もちろん初対面は「見た目が10割」だから、
最初は性別や毛の色を気にするわけだけど、
性格も動きも、まったくどの猫にも似ていない、「うちのフィガロ」なのでした。

yoroshiku.jpg

「どうぞよろしく!」

  1. 2010/07/08(木) 11:59:14|
  2. 動物の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

へんてこな動物で賞

オーストラリアで直に出会った動物のうち、
一番へんてこなのは多分、エキドナ。
聞いたことも見たこともなかったので、
近くに出現したときは、いったい何なのかよくわかりませんでした。

ある朝、モグラが掘るトンネルが半分地上にでている、
あの土の盛り上がりが大きくなったようなトンネルからお出ましに。
でも、ハリネズミによく似ているんだけど。
さっきこの記事を書くために、検索して調べてわかりました。
和名はハリモグラ(笑)。そのまんまじゃん。

でも瞳はかなりつぶらで、モグラのように目が見えないわけではないようでした。

向こうも地上に出てみたらわたしたちがいたので驚いて、
とりあえず必死に近くの木のうろに隠れましたが。
お尻しっかり撮らせてくれてありがとう。
ekidna-a.jpg


わたしたちがそこにいたのは、近くの木に野生のコアラがいたからなので、
しばらく眠そうなコアラを眺めてるフリをしていたところ、
向こうも安全と思ったのか、前進を始めました。
隠れる場所が、しばらくないのを見計らって、近づきました。
突撃おっとっとは近くから撮影に成功。
ekidna-b.jpg


もっていたデジカメは、広角28mmズームなしのものなので、
これを撮るにはほとんど触れられるぐらいまで近づかなくてはなりません。
エキドナくん、必死でかわいそうでした。
わたしは高い木の上にいるコアラを撮るために望遠レンズを持ち出していたので、
かなり遠くから撮影しましたが。

いきなり遭遇したことや、こんな近くから撮影できたというのは、
オージーの皆さんにとってもびっくりするぐらい珍しいことのようです。

くちばしみたいのがあるなあ、アリクイとかカモノハシみたい、と思っていたら、
やはり単孔類といって、カモノハシの仲間でした。
「単孔」というのは排出と生殖の穴が一緒だからですって(汗)。
しかも、一番原始的な哺乳類で、卵を産んで母乳で育てるそうな。
単孔類で今もいるのは、カモノハシとハリモグラだけ。
[へんてこな動物で賞]の続きを読む
  1. 2008/02/19(火) 01:56:23|
  2. 動物の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様の実験場、または袋アリ

動物王国オーストラリアに行ったはずなのに、
話に猫とオカメインコしか出てこないのはなぜだ!と思ってるあなた。
ごもっともでございます。
コアラとかカンガルーとかペンギンは見たのか!と疑問なあなた。
見たんですけどねー。

いったん始めると話が大きすぎて、なかなかまとめられないのろまなわたしです。

気がついていない方も多いと思いますが、
わたしの文の中で、それ何?ちゃんと説明してよ!とか、
リンクをわざわざコピーして見にいくのは面倒!とか思った方、
たいていは、ちゃんと関連記事にリンクしてあります。
マウスオーバーして、赤くなった文字はリンクですのでぽちっとクリック。
本日はそれなしに話すのは無理…なので。 
(改めて、ウィキペディアってありがたいと思いました)。

オーストラリアは、本当に別の星に来たみたいに、
見かけが違う、または図鑑や動物園で見ただけの動物が、
そのあたりにふつーにいるのです。
まるで、今わたしたちが見る動物を造る前に、
神様があれこれ実験してみたものが、そのまま残っているような。

つぐみ系と思われる、地味な鳥や、カラスの仲間?と思うものも、
色も声もまったく違います。
オウムも、真っ赤と真っ青のと、緑の背に胸に赤や黄色や青が入ったものは
本当によく見ました。
慣れてからある日、スズメを見てちょっと驚いたぐらい。

昨日の海のそばの家ではなく、別の海岸沿いの街に行ったとき、
ぎゃああ!とすごい声を出しながら、ニワトリぐらいある白い鳥が、
5,6羽まとまってかなりの上空を飛んでいくのもよく見ました。
こ、これは、わたしが小さいときデパートの屋上でよく見た、
とさかが黄色いっキバタンて鳥なのでは。
とても憂鬱そうにしている鳥だったけど、
故郷ではこんな風に生きているのね。
庭のテーブルでカメラの手入れをしていると、
ワライカワセミが2羽、テーブルに止まってごはんをねだったりもしました。

カンガルーとかコアラとかポッサム(現地名オポッサム)など、
オーストラリアを代表する動物たちは、実は分類上共通点があるのです。

有袋類」と言って、お母さんのお腹には胎盤ができない。
だからさっさと産んでお腹の袋の中で育てるということのようです。
今の一般的な哺乳類より、少し古いタイプで、
大きくて獰猛なタイプの捕食動物が少ないオーストラリアにだけ、残ってるんだとか。

いる、とは言え、れっきとした野生動物なので、
それほど人に近寄ってくるわけではありません。
カメラで追えば、視線を感じてちゃんと逃げます。
でもかなり無防備というか、自分の用事があれば、
平気で目の前を横切っていきます。

コアラとかカンガルーは、ちょっと苦労して会いに行った感じですが、
ポッサム(現地名オポッサム)は、近所にふつーにいました。
大きさは、小さいテナガザルって感じで、遭遇するとちょっとびっくりです。
なんだか窓の外でぎゃーとかいう声が聞こえると思ったら、
台所の窓の前の木の枝からさかさまにぶらさがってこっちを見ていたり、
飼い猫ミスティがおみやげに持ってきたり…

きわめつけは、
家のベランダから見える電信柱(そう、電信柱がある国でした)から、
感電したオポッサムくんがぶらさがってたりですね…。
いやはやすごいワイルドカントリーでした。
  1. 2008/02/18(月) 11:05:52|
  2. 動物の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8月13日おっとっと撮影。音がかなり派手です、ご注意。
場所は、グラッパ山頂上付近。あー面白かった。
ラストのスカートをはいた牛はわたしです(涙)。

  1. 2007/08/20(月) 02:07:52|
  2. 動物の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ぴよぴよベビーブーム

CIMG1213.jpg


わたしが住んでいる町は、人口少なめで6万人いるかどうか。
しかも水路の町で、自動車が通らないのでとても静かです。

日本の実家は、かなり大きな通りに面しているので、
帰るとぶおーんおんおんという車の音でびっくりするぐらい。
でも今や町に住めば世界中どこでもそれが普通なのにね。

こちら静かな水の都ではここ数日、外を歩いても窓を開けても、
ぴよぴよぴよ!ぴよぴよぴよ!
とひな鳥がお母さんを呼ぶ声があちこちから聞こえてきます。
近所にいる鳥は、スズメ、鳩、各種かもめ、つばめ、黒つぐみ。

正直な話、ときどきうるさいなと思ったり。
でもどの種類の鳥も、
夫婦力を合わせて必死の子育てをしているのを見ると
あーまあがんばってねと気をとりなおしたり。

窓の外の、向かいの家の屋根の合わせ目が、
鳩の格好の巣になっていて、そこはもう今年2度目のぴよぴよ。

歩いて2分ほどのところに、つばめの巣が2つあるけれど、
今年はそのうち一つで3羽が元気に鳴いてます。
つばめの子の顔もかわいいけど、
巣がとてもよくできているのにも驚かされます。

いやーん今年の子たちもかわいいなあ、と眺めてから
歩き始めるとわたしの頭すれすれをかすめて、
びゅんと威嚇するようにつばめが一羽飛んでいきました。
あら、お母さんつばめを心配させちゃったみたい。

今日の写真は、同じ巣に去年いた子供たち。

  1. 2007/07/10(火) 03:09:17|
  2. 動物の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。